大船鉾 引き初めに参加する

今年はじっくりと後祭を楽しもうと、前祭の宵山から京都滞在です。7/18から鉾建てが始まった大船鉾も、今日が引き初め。昨年は大阪にいっていて、参加できず、初めての体験でした。

IMG_4764funa1IMG_4771funa2

引き初めというのは、毎年新たに鉾建てして、それが本番で滞りなく動けるように試運転だと、ずっと思っていました。それもひとつの意味なのですが、今回参加して、これは鉾町への披露だとつくづく思いました。

わたしは実際に縄を引くことはせずに、回りの家々のひとびとの様子を眺めていました。特にお年寄りや、およそ出歩くことのない奥さんたちまで、門かどに立ち、見守っています。みなさま、うれしそうに、満足げに見つめていました。

鉾町の鉾を維持する大変さもありますが、誇りや喜びを実感できるひと時でもあります。祭りというのは、神様が与えてくれた時間なんですね。

こういう一体感がないと、協力も維持もできないと思いました。神事に参加するという高い意識が鉾町を支えています。

IMG_4784funa3sIMG_4794funa4

屋根の上で長い棒で、電線に絡まないように押さえて進みます。四条の新町通りは電線が多いので、こういう工夫も必要です。引き初めをみて、初めて気づくことがたくさんありました。

追記
2017年は船の穂先に金幣(きんぺい)を付けています。龍頭と一年おきに付けるのだそうです。これは毎年見るしかないですね。

2017年祇園祭、前祭、山鉾巡行

京都に通いだして、そして、祇園祭の愉しみ方を教わってから、十年以上になる。
今では、春ごろからそわそわと日程表を作り、ホテルを予約して、何をしようかと頭を悩ます。

京都の蒸し暑さを避けるため、大阪松竹座に出かけ、また、郊外の大原詣でにも行く。体力保持のため、ホテルは鉾町にとり、疲れたら、部屋で休む。ところが今年は三連休と宵山、巡行の日がぴったりと重なって、宵山の日のホテルが取れなかった。

大船鉾のみなさまと仲良くさせていただいているので、後祭だけでもいいかと思いながら、六月になって、市内から離れた南区の一戸建ての別荘が取れた。調べるとバス一本で四条烏丸まで行ける。乗り換えなしなら、雨が降っても安心だ。

宵山の日は、四条烏丸まで市バスも夕方五時十分までの運行。急がないとバスが到着しない。六時からは歩行者天国、それまでの間、規制を避けて、くろちくでお買い物して過ごす。

巡行の日は、四条烏丸は朝七時過ぎまでは市バスは通常運行。そのあとは四条大宮どまりとなる。多少は不便だが、それなりに宵山も楽しみ、いつもは行かない南の鉾をじっくりと見ることができた。芦刈山のちかくで、いつも若狭塗りの箸を買うのだが、それもできた。IMG_4486sIMG_4487s
巡行の朝七時半ごろ、菊水鉾の前を通ったら、タペストリーをつけていた。下のふちに並ぶ鳥の方向まで決まりがあって、微調整している。こういうのをみるのも楽しみのひとつ。

IMG_4526sIMG_4538mae00

今年は雨もなく、曇り空で絶好の写真日和。長刀鉾には大勢の報道陣も訪れ、賑々しい。

毎年来ているのに、新たな発見がある。巡行が11時に終わって、混まないうちに昼食をと、三条に向かう。座って食事をすると元気になる。朝八時からずっと立ちっぱなしだったことを思い出す。

帰り道は、富小路の便利堂に立ち寄る。今年は寺町通りの其中堂で、ヘーゲル、ラ・ロシュフーコーの本を買ってしまった。京都はなにか哲学的なうごき、働きかけがあるのだ。

祭りはこれだけではない。夕方は八坂神社で、神幸祭 神輿渡御(しんこうさい みこしとぎょ)を見る。こちらは夜六時開始で、一時間前くらいから場所取りが必要。最前列でみたいので、待機している。この神事も、知り合いから教わった。それまでは、巡行が終わると早々に帰っていたのだ。

充実した一日だった。そして、祭りの神様に感謝である。

京都のパン屋さん、洋食屋さん

昔から休みが続くと京都に出かけていた。マダムといわれる歳になると、カウンタに座り、板さんたちと会話しながら、料理が楽しめるようになる。そして、京都からのお土産もだんだん進化してくる。

昔はお菓子や漬物などが定番だったが、今は、鰻巻きや、野菜サラダ、パンなど、帰ってきてからも楽しめるようなものに変わっている。

今回は、泊まっているホテルの近くに美味しいパン屋さんを発見してうれしかった。二軒とも、2015年に移転してきたらしい。なんども通っているのに、気づかずにいた。定休日も火曜日と、日曜日と二軒が違うので、どちらかをお持ち帰りできるのがいい。今回はこちらのお店にお邪魔する。IMG_2935

fiveran 中京区室町通三条上役行者町377

お昼前に三条通りを歩いていて、スマートコーヒーの列が短いので並んでみた。
11時からお昼のランチ・オーダを受け付け、二階に案内される。今回は10時45分に並んだので、15分で入れた。メニューは、二品選んで、パンかご飯にする。こちらは、クリームコロッケとエビフライ。お値段は1200円とお手ごろ。日曜日だが、早めに並べは、ゆっくりといただける。懐かしい洋食屋さんの味だった。

IMG_2937

カテゴリー:

パリのランチ

IMG_2783

前回、4年前のことですが、マイレージを使ってビジネスで往復しました。その折、帰りの便で、隣になったご夫婦、元エアーフランスの職員。いろいろとお話して、パリでフランス料理を食べるなら、ランチに限る。夜は、美味しいところはびっくりするほど高くて、自分たちも名店のランチを楽しんでいるのよ、と教わりました。

ランチなら、50-60ユーロで楽しめます。日本で、一万円以下でフランス料理、というとかなり限られますが、こちらは選べるほどあります。

一週間の旅ですから、フレンチを食べたいと、お薦めをお聞きしたり、調べたりして出かけました。 町歩きも兼ねて、ランチの場所を探します。

こちらはオルセー美術館の帰りによった Chez Les Anges。これぞフレンチの美味しさです。

54 boulevard de la Tour-Maubourg, 75007 Paris
Service de voiturier midi et soir   昼と夜 営業
Métro : La Tour-Maubourg (ligne 8),

RÉSERVATIONS

Tél. +33 1 47 05 89 86
Fax. +33 1 47 05 45 56
Email. reservation@chezlesanges.com

Du lundi au vendredi   月曜日から金曜日
Déjeuner de 12h à 14h30  ランチは12時から14時半
Dîner de 19h à 22h30    ディナーは19時から22時半

Fermé le week-end    土日はお休み

 

 

IMG_2773

ジャガイモのスープ、黄色いのはインカのめざめなどの黄色いポテトを使っているか、卵黄を混ぜているか、白いのは生クリームをホイップしたような、中にはアーモンドスライスやココアも振りかけています。ジャガイモは裏ごししてあり、お味もよく、一口食べるだけで幸福感に満たされます。量もほどよく、多すぎもなく、少なくもなくです。この前に、野菜のピクルスのようなものが出たのですが、写真を失念しました。

IMG_2777

メインは牛肉の肩肉を柔らかく煮込んで、クレープで包んであげたもの。レアの牛肉は苦手なので、クリスピーですよ、といわれて注文しました。

IMG_2778

わかりにくいので、切った部分を載せています。コンビーフの脂分を取り除いたようなお味、レモンチーズのソースをつけていただきます。取り合わせのポテトも美味しく、かなりの量でしたが、完食しました。 いままでいただいたフレンチの中でも五本の指に入る美味しさ。家で再現してみたいと思います。

IMG_2775

 

スパークリングウォーターを頼んだら、こちらが出てきました。CHATELDON

IMG_2781

 

メインの皿を完食したので、デザートは入りません。エスプレッソをお願いすると、小さなマドレーヌとサブレーがついてきました。これで十分ですね。エスプレッソも美味しかったです。

IMG_2782

これでお値段が39ユーロ、びっくりです。 私は、予約なしに出かけたのですが、帰るころには、大勢のひとが来ていて、席もほぼ埋まっていました。フランス人が大半ですが、隣にフランス人連れの若い日本女性、斜め先に商談中の二人の日本女性がおりました。

日本人のギャルソンもいて、日本人の気に入る味なのだと思いました。場所は地下鉄ならすぐ、オルセーからあるいても15分くらい。また、来ようと思いました。

オルセー美術館に行ってきました

パリにでかけたら、必ずオルセー美術館に立ち寄ることにしています。ルーブルよりこじんまりとしていて、印象派の絵画が並んでいるからです。

IMG_2746

ホテルからいつもバスで出かけていたのですが、時期が夏だったので、バスを利用したのだと気がつき、歩いてみることにしました。16分くらいです。

ホテルでもらった地図と、パス、地下鉄のマップを頼りに、曲がる道の名前、そのひとつ前の道の名前などをメモしておきます。簡単なのは、googleでオルセー美術館といれて、行き方にサンジェルマンデプレから、そして徒歩と選ぶとルートを教えてくれます。

でも実際にSt. Germain Bdを歩いてみると、Rue du Bacで Mesee D Orsayの案内に出会いました。 歩いていて、突き当たりになり、右に行くか、左に行くかと迷っていると、若い女性がやってきたので尋ねてみました。ここをまっすぐ、そして、曲がると教えてくれました。

ようやくなじみのある美術館が見えてきましたが大勢の人が並んでいます。上着を脱いで、バッグの中身を調べる厳しいセキュリティチェックが行われていて、行列になっているのでした。そこを過ぎるとようやくチケット売り場。 テロ事件がフランスのいたるところに影響しています。どんな建物も入るとき、バッグの中身をチェックされます。

入場料 12ユーロ。こちらもフラッシュを焚かなければ、撮影できます。小型の性能のよいカメラがほしいなあと思いました。

IMG_2749 IMG_2754IMG_2757

たくさんの絵を一度に鑑賞できて、ほんとうに幸せな気分になれます。ここの光と影が好きで、程よく混んでいるのもうれしいのです。たっぷり二時間はいたと思います。時間は、建物についている大時計が正確な時間を知らせてくれると係りの人に教わりました。IMG_2751

冬のパリもいいものです。オペラをみて、美術館めぐりして、あとは美味しい料理をいただく。この時期ならではの楽しみがありますね。

パリの日曜日、バレー鑑賞

パリ在住のブログ仲間の方から、ロシア国立オペラのバレーの公演が日曜日で最終ということを教わりました。チケットもまだ手に入るからと薦められ、見に行くことができました。

チケットの購入はFNACTICKETに登録して、webで購入します。チケットは自分で印刷するか、発券するかを選びます。発券できるのは、フランス、スイス、の一部の地域。パリだと日曜日もやっているシャンゼリゼのFNACが便利です。

あとはFNACの営業時間に発券機に番号をいれ、自分のクレジットカードの下けたも入れるとチケットが表示され、それを発券します。web購入の際に出てきた番号をしっかりとメモしておく必要があります。これでサッカーのチケットも発券できるのです。

ピカソ美術館からst Paul駅に出て、一番線でそのまま、Franklin Roosevelt駅まで向かい、出たら、シャンゼリゼのほうにもどるとすぐにFNACがあります。デパートの地下一階になっていて、ヨドバシカメラのような場所です。IMG_2711 IMG_2710

チケットの発券機。備忘のために載せています。

見たのはこちら。

 

LA BAYADERE。インドの物語です。愛し合うふたりが国王とその娘によって引き裂かれ、恋人を奪われた娘は、悲しみと毒蛇によって亡くなります。残された男と国王の娘は結婚しようとしますが、神の怒りに触れて寺院が崩壊し全員死亡してしまいます。

場所は、Porte Maillot駅直結の施設、PALAIS DES CONGRES (PARIS 17)です。長年パリを訪れていますが、こちらの劇場もそして、メトロの駅も初めて、無事にいけるかどきどきでした。

バレーは歌舞伎やオペラと違い、一言も会話はありません。だから、各自の表情や仕種を感じ取り、舞台進行に合わせて楽しむために、席は前のほうがいいのです。物語は、美しく、優美で叙情的。はじめて見ても楽しめました。一番よい席で82ユーロでした。

今回、オペラ劇場で二公演、そして、バレーをみて、それぞれの客層がこんなに違うのだと、逆にびっくりしました。オペラは夜の7時始まりで、終演が11時半という、時間設定。仕事帰りの人というよりも、タクシーや自家用車で帰れる層です。日本では中島みゆきが夜会を夜八時からやっていますが、あれも特殊。次の日の仕事にも関わるし、七時くらいに始めて十時には終わって欲しいと思いました。

京都大原詣

この時期に京都に来ています。南座の顔見世興行をみて、友だちと会い、少し観光して帰ります。それから大原詣でも欠かさずにしています。 大原には順徳天皇と後鳥羽上皇の御陵があって、そこを詣でています。

IMG_4114s IMG_4120s IMG_4121s

毎年、出かけるときは、京都市内は雨ですが、大原に向かうと必ず晴れます。山城の国大原郷は、また別の世界でもあります。 今日は天皇誕生日、早めのお昼をいただき、ちょうど来たバスに乗ったので、着いたのもハイタイム、いつになく混んでいました。といっても、12月、観光バスは来ません。個人の旅行者ばかりでした。

山の上は青空が広がり、陽が射すと暖かです。今年は例年になく、京都も暖かくて驚いています。 あちこちでお参りして、心もやすらかになったところで、帰ります。

三条京阪で降りてから三条大橋を渡りました。ここからの景色が好きです。帰りに六角通りの八百一によって、お買い物して戻りました。 いつもの京都は、観光客もいなくて、地元の人に混じって暮らしています。

奈良で、鹿に遭遇する

奈良にはどこにでも鹿がいるような気がしますが、違います。法隆寺のある斑鳩の里には鹿はいません。春日大社の参道から、奈良公園、東大寺にかけてが、野生の鹿と出会える場所になっています。

IMG_0604ss20

今回、春日大社から、回りましたが、こちらは、「式年造替」のため、中に入ることができません。二月堂から、東大寺に向かう道は、なだらかな丘のようになっていて、ここが有名な若草山です。

二年前に出かけたときは、イタリア人と同行していたのですが、今回はひとり旅。途中、鹿の写真を撮ったり、木々や山の様子を眺めたりと、ピクニック気分です。二月堂は、ここからの奈良市内の眺望がすてきで、いつか、お水取りに出かけたいと思っています。

IMG_0600ss20

二月堂から、東大寺本堂はすぐなのですが、今回は、奈良公園で、鹿がジャンプしながら駆け寄ってくるのに見とれていて、道を間違えました。 車が一台とまり、中から、女性が降りて、何かを置いてもどりました。すると、遠くから大勢の鹿が飛ぶようにして集まりました。 餌をたべているのです。

IMG_0605ss20

終わると、満足げなようすで、ポーズをとってくれました。 こんなシーンが見られたので、東大寺の大仏様には、次回お会いすることにして戻ってきました。

IMG_0606ss20

カテゴリー:

冬の京都の楽しみ方

ここ数年、クリスマスの前後には京都にいる。最初は知り合いのオペラ歌手の第九の公演があったのが始まり。それから、毎年、南座で顔見世歌舞伎をみて、知り合いと会い、お正月前の中休みをしている。

この時期は、紅葉のころと違い、町も人々も普通に暮らしている。さすがに十二月も二十日過ぎると、修学旅行の学生たちもいない。祇園祭のような賑わいはないが、それでも、お正月の準備やら、弘法の市がたったりと、住んでいるひとのためのイベントはある。IMG_0497ss20

今年の京都は暖かい。着物で町を歩くと、寒い思いをしないですむ。人の少ない町を歩くと、たくさんの発見がある。お気に入りの店には、必ず立ち寄るようにしている。

今日は、友人と会った後で、大原に向かった。大原は、四条烏丸と、四条河原町から出ている京都バスに乗って約一時間。 それだけで別の世界が広がる。

大原御陵にお参りしてから、三千院に向かう。ここでは、クリスマスは無縁の世界。日本国、山城の国、大原郷だ。雨の予報だったが、ときおりぱらぱらと来るだけで、なんとか降らずに曇り空のまま。

IMG_0528ss20

お庭を見せているだけで、心が和む。人が少ないのもポイントが高い。いつまでもここに座っていたいとも思うのだ。 悠久のときを過ごす気分だ。

三条通に戻ってきたときは、小雨が降っていた。 お昼時を過ぎて、中途半端な時間に食事をしようとするときは、三条のかつくらに駆け込む。ここは昔、パリに住むイタリア人とよく通った。揚げたてのヒレカツをいただくと元気がでる。

最近は、その帰り道に、八百一のスイートを買って戻る。ザ・ブレッドのパン・ヴァリエがマイブーム。 大丸地下のパン屋さんも大好き。

IMG_0487ss20

三条にはお気に入りの店がたくさんあって、四条まで、歩きながら帰ってくる。なぜ、三条のホテルにしないかというと、南座の歌舞伎が終わって、四条まではバス一本。夜道が怖いのではなく、雨や雪の日に無理をして歩きたくないのだ。

二月に来たときは、本当に雪に閉じ込められて過ごした。食べ物屋さんが近くにある四条は、そういう意味でもありがたかった。明日は、南座の夜の部、夕方までは、お天気しだいだか、どこかに出かけようと思う。

『地域ではたらく「風の人」という新しい選択』出版記念イベント

法政大学社会学部藤代研究室のゼミ生が、ローカルジャーナリスト田中輝美さんとの共同プロジェクトで『地域ではたらく「風の人」という新しい選択』(田中輝美・藤代裕之研究室、ハーベスト出版)という本を出しました。この出版記念イベントが9/29にあるというので、参加しました。

藤代さんとは、以前からの知り合いで、気骨のあるジャーナリストの一人です。彼の教え子たちがどんな本をまとめたのか、とても興味がありました。そして、もうひとつ、このイベントには、法政大学総長の田中優子さんも私人の立場で参加します。田中優子さんの方は、佐渡つながりで、存じ上げていましたが、ご本人にお会いするのは初めて、二重の意味でわくわくしながら出かけました。

第一部がゼミ生による記事執筆の動機や苦労。第二部が田中輝美さん、田中裕子さんのダブル田中によるトークショー。輝美さん、優子先生と、名前で呼び合って、親しみがわきます。

ゼミ生が司会進行というのも、自主性を重んじるいいやり方だと思います。途中で、藤代さんがつっこみを入れますが、うまくまとまっていたと思いました。

風土という言葉がありますが、これは風の人、土の人を表しているのだと初めて気づきました。風の人は、一定期間、その土地を訪れて、アイディアを出したり、何かをまとめ上げていく。そして、成功するとまた、別の町に出ていくのです。一方、土の人は、そこに土着して、生活を守っていく。新しいものも取り入れて、それを形に作っていく。

過疎化が深刻な島根だからこそ、危機感があって、新しいチャレンジを受け入れたのだと思います。この本に登場する方々は実に多彩で楽しい。地方がもっともっと輝くためには、こういう人たちのネットワークが必要なのだと思いました。

イベントが終わって、幸運にも田中優子さんにご挨拶でき、佐渡の能楽についての話ができました。また、佐渡に帰ったら、話すことがたくさんあります。佐渡でもこういう取り組みが進んでいるはずなのです。そのキーパーソンを見つけて、ネットワークを築くのも、私の仕事なのかもしれません。