新春大歌舞伎に行ってきました

東京でお正月を過ごすには、江戸文化に触れることのできる歌舞伎見物が一番。毎年恒例の新春大歌舞伎に行ってきました。
1/5は、快晴。昼の部、夜の部とたっぷりと見てきました。
IMG_2385

昼の部は、染五郎が将軍慶喜、そして、異言する山岡鉄太郎役の愛之助、真山青果の台詞たっぷりがふたりの心理を見事に描いていて、こんな一日があったのかもしれないと、歴史に思いをふけました。高橋伊勢守の歌昇が、控えめで大人びていてよかったです。

沼津は、国立劇場で三月に通し狂言をするさわりの一幕のようなもの。複雑な人間関係がわかっていないと難しいでしょうね。吉右衛門は、この役で20歳くらい若返って二十代の商家の主人を演じます。色あり、情けありはさすがです。

夜の部の井伊直弼役の幸四郎、正妻昌子の方が雀右衛門、そして愛妾お静の方が玉三郎と、贅沢な配役。こういうのを役者冥利につきるというのではないでしょうか。玉三郎と幸四郎のからみは初めて。新鮮です。死を覚悟して、来世もお前と一緒だと誓う男心。雪が降るのも風情があって、しんしんとしてきます。武家の世界を垣間見た気がしました。

角兵衛獅子役の鷹之資は、あの富十郎の遺児。踊りのうまさは天来のものでしょうか。楽しみながら踊っている横顔、似ていますね。これからが楽しみな若者です。

夜の部最後は、松浦の殿様役の染五郎、ちと若すぎる。まあ、まわりが引き立ててくれるので、楽しめました。愛之助、なんでも器用にこなしますが、耐える役が似合ってきました。左団次のうまさも光っています。壱太郎も可憐でいいです。最後まで楽しめました。

 

 

平成29年1月5日(木)

【昼の部】

大政奉還百五十年
真山青果 作 真山美保 演出
一、将軍江戸を去る(しょうぐんえどをさる)

徳川慶喜     染五郎
山岡鉄太郎    愛之助
土肥庄次郎    廣太郎
吉崎角之助    男寅
間宮金八郎    種之助
天野八郎     又五郎
高橋伊勢守    歌昇

河竹黙阿弥 作
二世藤間勘祖 構成
二、大津絵道成寺(おおつえどうじょうじ)

愛之助五変化
藤娘      愛之助
鷹匠
座頭
船頭
大津絵の鬼

弁慶      歌昇
犬       種之助
外方      吉之丞
矢の根の五郎  染五郎

伊賀越道中双六
三、沼津(ぬまづ)

呉服屋十兵衛    吉右衛門
お米        雀右衛門
荷持安兵衛     吉之丞
池添孫八      又五郎
雲助平作      歌六

【夜の部】

北條秀司 作・演出
一、井伊大老(いいたいろう)

井伊直弼     幸四郎
仙英禅師     歌六
長野主膳     染五郎
水無部六臣    愛之助
老女雲の井    吉弥
宇津木六之丞   錦吾
中泉右京     高麗蔵
昌子の方     雀右衛門
お静の方     玉三郎

五世中村富十郎七回忌追善狂言
二、
上 越後獅子(えちごじし)
角兵衛獅子 鷹之資

下 傾城(けいせい)
傾城    玉三郎

三、秀山十種の内 松浦の太鼓(まつうらのたいこ)

松浦鎮信   染五郎
大高源吾   愛之助
お縫     壱太郎
宝井其角   左團次

IMG_2389

先斗町歌舞練場「當る酉歳 吉例顔見世興行」に行ってきました

毎年、この時期に京都にいるのですが、今年は南座が改修中、顔見世はどうなるのだろうかと、気になっていました。ようやく発表されたのが、先斗町歌舞練場。ここはこじんまりとして収容人数も少ないから、三部制で実施という内容です。

チケットは第一部、第二部、第三部と買えましたが、三等席は一列だけ、すぐに売切れてしまったそうです。

IMG_4134s IMG_4135ss

先斗町だけに、第一部ではロビーで舞妓さんが出迎えてくれます。写真撮影もできて、うれしいです。可愛らしゅうございました。gion-20161224s

南座の顔見世は、演目もたっぷりで、いつも二回に分けてみています。今回は三部制だったので、京都についた日に第三部を、そして、今日は第一部、第二部と楽しんできました。

演目については、やはり予習が大切。初めてでは理解しずらい内容も、全体を知っておけば安心。こらちのサイトで学習しました。 関西歌舞伎はなんといっても仁左衛門さん。きりりとした武士も放蕩者のぼんぼんもぴったりです。芸域の広さがすばらしい。

IMG_4141s
毎日楽しませていただきました。先斗町歌舞練場は、まさに芝居小屋といった趣。舞台と客席が一体感があります。花道もないので、脇に急ごしらえ。演ずる役者さんたちの息遣いまで聞こえてきます。

今年限定の芝居小屋。見ることができてよかったです。

第一部
源平布引滝
実盛物語 11:00-12:20
幕間 25分

仮名手本忠臣蔵
道行旅路の嫁入 12:45-1:15

第二部
菅原伝授手習鑑
車引 2:00-2:30
幕間 25分

夕霧 伊左衛門 廓文章
吉田屋 2:55-4:10
幕間 20分

三升曲輪傘売 4:30-4:45

第三部
双蝶々曲輪日記
引窓 5:45-6:55
幕間 20分

京鹿子娘道成寺 7:15-8:20

 

京都大原詣

この時期に京都に来ています。南座の顔見世興行をみて、友だちと会い、少し観光して帰ります。それから大原詣でも欠かさずにしています。 大原には順徳天皇と後鳥羽上皇の御陵があって、そこを詣でています。

IMG_4114s IMG_4120s IMG_4121s

毎年、出かけるときは、京都市内は雨ですが、大原に向かうと必ず晴れます。山城の国大原郷は、また別の世界でもあります。 今日は天皇誕生日、早めのお昼をいただき、ちょうど来たバスに乗ったので、着いたのもハイタイム、いつになく混んでいました。といっても、12月、観光バスは来ません。個人の旅行者ばかりでした。

山の上は青空が広がり、陽が射すと暖かです。今年は例年になく、京都も暖かくて驚いています。 あちこちでお参りして、心もやすらかになったところで、帰ります。

三条京阪で降りてから三条大橋を渡りました。ここからの景色が好きです。帰りに六角通りの八百一によって、お買い物して戻りました。 いつもの京都は、観光客もいなくて、地元の人に混じって暮らしています。

イタリア文化会館でプッチーニ・ナイト

2016年は,日本とイタリアが1866年に日伊修好通商条約を締結してから150年目にあたる記念の年です。これに関連して、イタリア文化会館でもさまざまなイベントが開催されました。

今回のプッチーニナイトは、それとは別のようですが、スポンサーの協力により、実現したものです。 毎回思うのですが、出かけてみないと全貌が見えません。

演奏前に、1915年トッレ・デル・ラーゴの自宅で撮ったプッチーニの短い映像を上映し、サンドロ・イーヴォ ピアノ伴奏がすてきでした。

演奏されたプログラムは、どれもなじみのある曲ばかり、あらためてプッチーニの偉大さを感じました。
「菊の花」 (弦楽四重奏)
《トスカ》より 「歌に生き、愛に生き」「星は光りぬ」
《蝶々夫人》より 「ある晴れた日に」
《ジャンニ・スキッキ》より 「私のいとしいお父様」「あぁ、なんて間抜けな者たちよ!」
ピアノソロ曲
《トゥーランドット》より 「誰も寝てはならぬ」
《つばめ》より 「ドレッタの美しい夢」
《ラ・ボエーム》より 「冷たい手を」「私の名はミミ」「あぁ、麗しの乙女よ」「私が街を歩くとき」「それでは、本当に終わりなのだね」

オペラ歌手のみなさま、どなたもすばらしかったです。このホールは、特に音響がいいのです。こじんまりとした会場は満席で、熱気にあふれていました。幸せな時間を過ごしました。

サラ・カッペッリーニ・マッジョーレ ソプラノ
小川 里美 ソプラノ
アレッサンドロ・ファントーニ テノール
月野 進 バリトン

ガブリエレ・ベッル ヴァイオリン
デブラ・ファスト ヴァイオリン
レオナルド・バルタリ ヴィオラ
パオロ・オンニサンティ チェロ

サンドロ・イーヴォ ピアノ

サントリーホールで第九を聴く

12月になると、第九を聴きたくなるのはなぜでしょうか。あの歌声に励まれて、また、一年頑張ろうということなのかもしれません。

今年は、知り合いの小川里美さんが第九を歌うということで、サントリーホールの初日に出かけました。この日は終演後、レセプションがあるとのことで、華やかな着物姿の女性が大勢。みているだけでうれしくなります。 わたしもおしゃれして出かけてよかったと思いました。

東京フィルハーモニー交響楽団の理事長には、楽天の三木谷 浩史さんが就任していて、この日は、会場でお見かけしました。

今回は、指揮者のアヌ・タリに敬意を表して、ヘイノ・エッレル/『夜明け』が最初に演奏されました。初めて聴く、美しい曲でした。

席が最前列の真ん中というすばらしいポジションで、一つ一つの楽器がよく聞こえました。迫力が違います。演奏者の表情まで見えます。

これもはじめての体験。音楽って楽しいものですね。 これで聞き納めではなく、翌週のお楽しみが待っているのでした。

12月歌舞伎公演「通し狂言 仮名手本忠臣蔵」第三部

第三部の初日に出かけてきました。 討ち入りの場の前に、天川屋義平内の場があります。こちらもはじめて見ました。 妻を離縁し、子どもの命をとられそうになっても、じっと堪える天川屋義平は、男でござるという有名な台詞もあります。

全部見ることができてよかったと思う反面、なぜこれまで、全部は上演しなかったのかもよくわりました。役者の力量と、予算など、もろもろの理由があると思いますが、面白いものは面白いのです。吉良邸での剣戟も、迫力があってよかったです。

忠臣蔵は、これからも伝えていきたいですね。日本人のエッセンスみたいなものだと思いました。

第三部 四幕八場
国立劇場美術係=美術

八段目   道行旅路の嫁入
九段目   山科閑居の場
十段目   天川屋義平内の場
十一段目  高家表門討入りの場
同  広間の場
同  奥庭泉水の場
同  柴部屋本懐焼香の場
花水橋引揚げの場

(主な配役)
【八段目】
本蔵妻戸無瀬  中 村 魁  春
娘小浪       中 村 児太郎

【九段目】
加古川本蔵     松 本 幸四郎
妻戸無瀬      中 村 魁  春
娘小浪        中 村 児太郎
一力女房お品   中 村 歌女之丞
由良之助妻お石 市 川 笑  也
大星力弥      中 村 錦之助
大星由良之助   中 村 梅  玉

【十段目】
天川屋義平    中 村 歌  六
女房お園     市 川 高麗蔵
大鷲文吾     中 村 松  江
竹森喜多八    坂 東 亀  寿
千崎弥五郎    中 村 種之助
矢間重太郎    中 村 隼  人
丁稚伊吾     澤 村 宗之助
医者太田了竹  松 本 錦  吾
大星由良之助  中 村 梅  玉

【十一段目】
大星由良之助  中 村 梅  玉
大星力弥     中 村 米  吉
寺岡平右衛門  中 村 錦之助
大鷲文吾     中 村 松  江
竹森喜多八    坂 東 亀  寿
千崎弥五郎    中 村 種之助
矢間重太郎    中 村 隼  人
赤垣源蔵     市 川 男  寅
茶道春斎     中 村 玉太郎
矢間喜兵衛    中 村 寿治郎
織部弥次兵衛  嵐    橘三郎
織部安兵衛    澤 村 宗之助
高師泰       市 川 男女蔵
和久半太夫    片 岡 亀  蔵
原郷右衛門    市 川 團  蔵
小林平八郎    尾 上 松  緑
桃井若狭之助  市 川 左團次
ほか

『ふつうの住まいでかなえる外国スタイルの部屋づくり』出版記念トークショー

ヘザー・ブラッキンさんのすてきな日常の暮らしを写真と文章で見せてくれる著書『ふつうの住まいでかなえる外国スタイルの部屋づくり』の出版記念トークが、11/29、渋谷のHouzz Japan(ハウズ・ジャパン株式会社)に開催され、行ってきました。

凝ったインテリアを購入するのではなく、身近なところにあるシンプルで、上質な暮らしという点で、共感を覚えました。棚もご自分で作ってしまうというのにもびっくり。ペンキ塗りのお話も楽しそうでした。 色へのこだわりは、シンプルな生活へのこだわりでした。

へザーさんともお話できて、和やかな楽しい会でした。ご本も購入しましたが、すぐにできそうなヒントが満載。 居心地のよい部屋をつくるためのヒントもたくさんあります。

本のタイトルを隠して、わざと裏をみせるとか、色へのこだわりを感じました。

お母さまは、作家の森瑤子さん。お母さまのコーナーもあって、見守ってもらっているのだそうです。 すてきな親子ですね。12月になるまえに、お話をうかがえてよかったです。

11月歌舞伎公演「通し狂言 仮名手本忠臣蔵」第二部

今年は国立劇場50周年記念のイベントが続きます。歌舞伎の愛好家から初めてという高校の同期と第二部を観劇しました。


http://www.ntj.jac.go.jp/50th/kabuki_chushingura/

団体なので、一等席を取ってもらい、さらにお弁当もお取り寄せして、芝居気分が盛り上がります。 この日は特に役者も頑張っていたのではないでしょうか。 見ごたえのある公演でした。三部作の中でも、山崎街道と、一力茶屋のあるこのパートがいちばん華があると思います。

菊之助が播磨屋さんのお嬢さんと結婚して、大正解ですね。芸というのは、競い合って、さらに磨かれるもの。人間国宝の人物の重みが出ています。
音羽屋も播磨屋も自分の得意なパートで、芸を競っていました。

最後にはバックステージツアーもあって、大満足な一日でした。関係者の方々、ありがとうございます。

【第二部】 四幕五場
国立劇場美術係=美術

浄瑠璃 道行旅路の花聟   清元連中
五段目 山崎街道鉄砲渡しの場
同   二つ玉の場
六段目 与市兵衛内勘平腹切の場
七段目 祇園一力茶屋の場

(主な配役)
【道行旅路の花聟】
早野勘平      中 村 錦之助
鷺坂伴内      坂 東 亀三郎
腰元おかる     尾 上 菊之助

【五段目】
早野勘平      尾 上  菊五郎
千崎弥五郎     河原崎 権十郎
斧定九郎      尾 上  松 緑

【六段目】
早野勘平           尾 上 菊五郎
原郷右衛門        中 村 歌 六
勘平女房おかる    尾 上 菊之助
千崎弥五郎       河原崎 権十郎
判人源六         市 川 團 蔵
与市兵衛女房おかや 中 村 東 蔵
一文字屋お才      中 村 魁 春

【七段目】
大星由良之助    中 村 吉右衛門
寺岡平右衛門    中 村 又 五 郎
赤垣源蔵        坂 東 亀 三 郎
矢間重太郎      坂 東 亀  寿
竹森喜多八      中 村 隼  人
鷺坂伴内        中 村 吉 之 丞
斧九太夫        嵐   橘 三 郎
大星力弥        中 村 種 之 助
遊女おかる      中 村 雀右衛門

 

10月歌舞伎公演「通し狂言 仮名手本忠臣蔵」第一部

国立劇場 50周年記念イベントのひとつ、仮名手本忠臣蔵を全段上演というのが始まりました。 これまでも何回もみていますが、全段というのは初めてです。

塩冶判官が中村梅玉、顔世御前が片岡秀太郎というのも、上方風で面白かったです。高師直がいじめるのは、今で言うパワーハラスメント、昔からあったのですね。

見たことのない、腰元おかると、早野勘平の逢引の場面も出てきて、のちにおかるが遊女になるのも、そのあだっぽさでは、仕方がないのかもしれないと思いました。慎み深く教養のある腰元ではなく、本当に明るくて、おきゃんで、軽いのです。

二人の道行きは美しいです。その先に死が待っているからでしょうか。しあわせになりたかったけれど、なれない二人の哀しさが伝わってきます。

特設サイト http://www.ntj.jac.go.jp/50th/kabuki_chushingura/

【第一部】 四幕九場
国立劇場美術係=美術

大  序 鶴ヶ岡社頭兜改めの場
二段目 桃井館力弥使者の場
同   松切りの場
三段目 足利館門前の場
同   松の間刃傷の場
同   裏門の場
四段目 扇ヶ谷塩冶館花献上の場
同   判官切腹の場
同   表門城明渡しの場

(主な配役)
【大 序】
塩冶判官     中 村 梅  玉
顔世御前     片 岡 秀太郎
足利直義     中 村 松  江
桃井若狭之助 中 村 錦之助
高師直       市 川 左團次

【二段目】
桃井若狭之助 中 村 錦之助
本蔵妻戸無瀬 市 村 萬次郎
大星力弥     中 村 隼  人
本蔵娘小浪   中 村 米  吉
加古川本蔵   市 川 團  蔵

【三段目】
塩冶判官    中 村 梅  玉
早野勘平    中 村 扇  雀
桃井若狭之助 中 村 錦之助
鷺坂伴内    市 村 橘太郎
腰元おかる    市 川 高麗蔵
加古川本蔵   市 川 團  蔵
高師直       市 川 左團次

【四段目】
大星由良之助     松 本 幸 四 郎
石堂右馬之丞     市 川 左 團 次
薬師寺次郎左衛門 坂 東 彦 三 郎
大鷲文吾         坂 東 秀    調
赤垣源蔵         大 谷 桂    三
織部安兵衛       澤 村 宗 之 助
千崎弥五郎       市 村 竹    松
大星力弥         中 村 隼    人
佐藤与茂七       市 川 男    寅
矢間重太郎       嵐    橘 三 郎
斧九太夫         松 本 錦   吾
竹森喜多八       澤 村 由 次 郎
原郷右衛門       大 谷 友右衛門
顔世御前         片 岡 秀 太 郎
塩冶判官         中 村 梅   玉
ほか

秀山祭九月大歌舞伎、初日昼の部を見てきました

吉右衛門が開催する秀山祭、菊之助も松緑も出るということで、初日に出かけてきました。


出し物は、吉右衛門の得意とする一條大蔵譚。つくり阿呆という演技が見事。特に檜垣では、阿呆のまま、観客を魅了させます。この人、日頃が謹厳実直の性なので、その落差が面白いのです。

今回は、吉岡鬼次郎・お京が、菊之助・梅枝といつもの気持ちの合った二人で、さらに、一條大蔵譚と鬼次郎のやりとりが、信頼された主従として、ぴったりでした。五月の團菊祭に引き続き、この義理の親子は呼吸もあって、頼もしいと思ってしまいました。常盤御前役の魁春も上出来。この人らしいなよなよした中に、きりりとした風情がよかったです。

初日だけに所作がまだ決まっていない人もいる中、この菊之助・梅枝のコンビ、そして、一條大蔵譚と鬼次郎の息の合ったところが、光っていました。

佐藤忠信の染五郎は、碁盤片手の立廻りで、大変そうです。碁盤のもち方に一工夫でしすね。荒事に挑戦するのも、大切なこと、ゆくゆくは幸四郎を継ぐ人なのですから。

太刀盗人は、又五郎と錦之助のやりとりが面白い。万兵衛を真似て九郎兵衛が半間ずつ遅れて舞う舞など、思わず笑ってしまいます。二人の技量があっていないとできない作品。そういう意味で、この二人はぴったりでした。

 

【昼の部】
右田寅彦 作
松岡 亮 補綴
一、碁盤忠信(ごばんただのぶ)

佐藤忠信           染五郎
塩梅よしのお勘実は呉羽の内侍 菊之助
右平太            歌昇
左源次            萬太郎
万寿姫            新悟
三郎吾            隼人
小車の霊           児太郎
浮橋             宗之助
壬生の小猿          桂三
摺針太郎           由次郎
宇都宮弾正          亀鶴
江間義時           松江
番場の忠太          亀蔵
横川覚範           松緑
小柴入道浄雲         歌六

岡村柿紅 作
二、太刀盗人(たちぬすびと)

すっぱの九郎兵衛     又五郎
田舎者万兵衛       錦之助
従者藤内         種之助
目代丁字左衛門      彌十郎

三、一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)
檜垣
奥殿
三代目中村吉之丞襲名披露

一條大蔵長成     吉右衛門
吉岡鬼次郎      菊之助
お京         梅枝
八剣勘解由      吉之助改め吉之丞
鳴瀬         京妙
茶亭与一       橘三郎
常盤御前       魁春