京都南座で顔見世を見る

今年も12/20から23日まで、京都に行ってきました。往復はマイレージの特典旅行を使って飛行機。ホテルは四条烏丸と、南座からバスで一本の場所にしました。

京都に着く時間をランチタイムの間と考えると、羽田出発は10時の便になります。伊丹着11時、ここから空港バスで京都駅まで、というのがいつものコース。今回は、四条烏丸のホテルということで、大阪空港からモノレールを使いました。

大阪空港から、南茨木まで。ここで阪急南茨木に乗り換えて、河原町行きの阪急電車を乗ります。途中、高槻で特急に乗れば、さらに早く着きます。阪急烏丸で降りれば、ホテルまで直行です。12時45分くらいに到着。ちかくのレストランのランチタイムに間に合いました。

12/21、天気予報は、夕方から雨マーク。着物で京都に来ているので、二部式の雨コートの上着を着て出かけました。途中、錦公路で、お弁当のおばんざいを調達します。この日は昼夜観劇、朝10時半から、夜9時過ぎまで、じっくり、たっぷり歌舞伎の世界に浸ります。

昼と夜の休憩のとき、近くに芸妓さんを発見。お客様と同行で観劇するのです。可愛らしいひとでした。京都ならではの風物詩ですね。

お芝居に浸り、旅先で、さらに非日常世界を味わうと、本当に心が癒されます。見ている方も、これだけ疲れるのだから、演じている役者さんもさぞかし大変でしょう。

團十郎さんは、休演。こちらは新橋演舞場の正月公演が控えていますから、大事を取ったのでしょう。

代わりに東京では休演だった仁左衛門さんが、早野勘平を勤める山崎街道の場。この人が演ずると、生真面目な人だけに義父殺しの哀しさが溢れます。菊五郎とはまた、違った型が面白いです。

藤十郎さんの伊左衛門も彼ならではの持味。あの歳でこのボンボン役ができるのも芸の力でしょう。

夜の部では、勘九郎の襲名披露の口上がありました。さすがに21日ともなれば、泣いてばかりはいられません。却って周りの幹部のひとたちのほうが、残念な思いが強く感じました。同じ芝居を演じた仲間ですから、そう思うのは当然のこと。

この南座の顔見世、11月、12月公演なのですが、寿曽我対面もあります。これはお正月公演の演目なのですが、ここではお正月は歌舞伎がないので、仕方のないことですね。舞台を見ていると、一足早く、お正月になったような気分が楽しかったです。

芝居が終わって、外にでると、雨が降り出していました。

スゴ本オフ「食とエロ」の会に参加しました。

2012年、最後のスゴ本オフ。今回のテーマは「食」と「色(エロ)」ということで、50人を超える参加申し込みがありました。半蔵門のKDDI Web Communicationsさんの会議室に12時から20時までと、みんなが持ち寄ったものをいただきながら、まったりとした時間を過ごしました。

まず最初に主催者のダインさんと、 yasuyukiさんから、本の紹介とこの会の趣旨が説明され、「食」と「色(エロ)」は類似する事柄も多く、似通ったものであるという指摘をもらいました。

全体の流れについては、ツイッターで情報を更新してくれた、ズバビタさんのまとめがあります。

参加者が50人で、ひとり二冊としても100冊、それ以上、持参した方もいて、メモした本がほとんどでした。この会に出ると,紹介された本を全部読みたいという野望にかられます。

一年くらい続くと、もう積んどく本のタワーができるわけです。毎回、感心するのですが、本がかぶらない、見事にばらけています。

わたしは途中で退席したのですが、残りはツイッターの実況で様子を知りました。今回は、年末ということもあって、サンタクロースのコスチュームでの参加の方、着物で参加の方など、彩りも華やかでした。差し入れのおやつも、それは豪華で、美味しいものを食べつつ、お話を聞くという濃密な時間を過ごさせていただきました。

■今回紹介した本■
1. 『ワーキングカップル事情』 安井かずみ・加藤和彦 新潮文庫
2. 『パンプルムース氏のおすすめ料理』マイケル・ボンド 創元推理文庫